バス釣りルアー大百科

最新タックルの紹介、池原ダム、七色ダム、津風呂湖、野池の釣果情報

2019年七色オープン

9月22日(日)七色オープンという大会に参加してきました。

 

久しぶりの大会参加、七色ダムも約1年ぶりでした。

 

ということで前週にプラに行きましたが、5本のみ。

 

七色ダムにしては渋い状況でした。

 

満水で本流の一部が少し濁っている程度でした。

 

40アップ以上の見えバスは泳いでいるのは確認できましたが釣れず。

 

キーパーサイズの姿が消えている状態でした。

 

5本はネコリグで釣れたので、その情報をもとにゲームプランを立てました。

 

プラでのタックルは、スピニング3本、ベイト6本。

 

本番は、ライトリグとパワーフィネスを中心にしようと考えました。

 

結局スピニング4本、ベイト3本で挑むことに。

 

当日は雨予報。

 

この雨がいい方に転べばいいのですが…。

 

当日の朝。

 

スタート順のくじを引くと145番。

 

最終フライトでした。

 

プラで数が釣れた場所へ朝一入るのは厳しいと判断。


午前7時、減水していたので、気になる沖の立木、レイダウンを狙ってから本命のポイントへ移動することを決めました。


北山川筋の沖までの伸びるレイダウンへスピナーベイトをキャスト。

すると30㎝前後のバスが追いかけてくるもミスバイト。

 

その後、ノーシンカー、ラバージグ、ミノー、ネコリグとローテーションするも反応がありませんでした。

 

そして本流のがけ崩れ跡を同じように狙うもノーバイト。

 

本命場所へ移動することに。

 

午前9時に本命場所に到着すると1艇のみ浮いているだけ。

 

これわはチャンスと、1.8g直リグをキャストし着底後放置しているとヒット。

 

42cm900gを釣り上げました。

 

この本命場所にとどまることを決意。

 

エレキで小移動を繰り返し、ガレ場でまたもやヒット。

 

引きからすれば40㎝以上はあると思いながら巻いていると、重みを感じなくなりバラス。

 

落ち込んでいる暇はない。

 

そのままワームを付け替えキャストするとまたもやヒット。

 

40㎝800gを釣り上げる。

 

その後25㎝を釣り上げるも、入れ替えを狙い何度も同じエリアに入り直し35㎝くらいの500gをゲット。

 

さらにキャストを続けるが30㎝前後が釣れるのみ。

 

そして時間に余裕をもったまま帰着に向かいました。

 

3本トータル2,200gでウエイイン。

 

トータル12本を釣ったので、その日は良く釣れていると思いました。

 

でも、3本そろっても30㎝前後、3本そろっていない方もました。

 

10位以内には入っているなと思ったのですが、結局ウエイトでは5位タイ。

 

フライトが僕の方が遅かったので6位という結果に。

 

くじを引いた時点で負けている結果に。

 

少し、悔しさはありますが、思い通りのプランでゲームを進めるとことができたので楽しかったです。